カテゴリ:レース( 42 )

 ここ数年は年1回しかレースに出ません(笑)その一つがFSWで行われるレースです。ここはレース場だけあって設備が整っていて選手&応援者はとても快適です。ただし、コースは非常に厳しいですが(笑)
 今回は午前7時に出発、東名高速秦野中井付近で事故があり、渋滞…30分ほどロスして9時00分頃到着。既に先に来ていたまさとっちは奥様&娘さんが9時30分から3km親子の部で参加するとのことなので、ゴール付近で合流。(ゴールには間に合いました)
 ハーフは11時スタートなので、余裕はありますが、今年も雨予報なので入念にウォーミングアップをします。
 と、ここでアクシデント!アップしている最中に右足膝に痛みがこのまま続けると悪化しそうなので、アップ中止。屈伸や膝回しをして様子を見ます。
 しばらくして、軽く走るとなんとなく行けそうな感じだったので、再びアップ。スタート集合時間までなんとか体を温めることができました。
 いよいよ、スタート時間です。コースは広くて走りやすいのですが、スピード感がなく、ついついハイペースになってしまいます。5分/キロペースを保ちつつ、最初の下り坂へ。ここで膝を痛めてしまってはこの後つらいので、抑え気味に走ります。1週目は最後の急坂を上る手前で折り返し、スタート地点に戻るのですが、一旦下った坂を上るのは大変です。
 スタート地点に戻るとここからが本当のスタートです。1週4.4kmを4周!ということはあの激坂を4回も上らなければなりません。1回目2回目は抑えめに、3周目からは徐々にペースアップ…と考えていましたが、それまでのアップダウンで体力がどんどん奪われていた~3周目の坂は走っているのか、歩いているのか、わからないくらいの速度(笑)
 最後の周はすっかりペースダウンしてしまい、最後ゴールまでの200mだけでも全力疾走!してみましたが、頭がクラクラするだけで、ちっとも前に進まない。結局1人でも抜きたかったのですが、それも叶わずゴール。1:47:07(ネットタイム)。一昨年のタイムから比べるといいのですが、5分/キロを切ることができずに悔しい思いです。もっと練習が必要なんだなぁとつくづく感じました。
a0157022_07573664.jpg
 レース後の楽しみはトン汁!雨予報だったからか、ピット内に用意されていました。風も防げて体も温まりました。関係者には感謝しつつ2杯もいただきました。
a0157022_07554587.jpg
a0157022_07584915.jpg


 トン汁のあとは、ちょっと遅いお昼ごはん。昨年行った「丸政」に向かいましたが、暖簾が出ておらずお休みでした。なので、昨年行きそびれた御殿場駅前の「めんくい亭」に行くことにしました。時間も時間なのですんなり入れ、さっそくビールで乾杯。つまみは肉野菜いため。味は濃いめですがおいしかったです。
 締めはラーメン&チャーハンを友達とシェア。満腹になって帰ってきました。
a0157022_07592095.jpg

 レースに出ると、心肺機能の強化が課題なんだなぁと思います。近くの激坂をホームコースに追加しますか(笑)

21.0975km 1°47'07" 5'04"/km

[PR]
 今年最後のレース!
 午前7時に出発し、御殿場から富士スピードウェイへ。途中ちょっと道を間違えたけど(笑)無事、8時30分に到着。
 スタートは11時だから余裕です。ここは施設が充実していて、更衣室は暖かいし、トイレも並ぶことはない。参加する方は快適です。
 午前10時45分、ハーフに参加する選手の集合です。相変わらずコスプレする人、ランニングシャツで好タイムを狙う人、さまざまです。
 さて、スタート直後は足の調子もよく、4'40"~50"/kmペースで走ります。ここのコースの最大の難関はダンロップコーナーからはじまる坂!ここで一気にやられます。しかもここを4回も上る!
 案の定、3回目から足が上がらなくなるわ、呼吸は苦しくなるわでペースダウン。結局5'00"/km切りはまたもや達成できず(泣)ま、ここはそういうレースですから(笑)

21.0975km 1°49'55" 5'12"/km

2年前に出たときのタイムと全く同じだった!
[PR]
 ここ数年、参加しているローカルレース。年末年始に少しまとまって走れたけど、仕事始めから1週間、まったく走れなかったので少し不安を抱えながらの参加となりました。昨年は自己ベスト更新したけれど、今年はどうなることやら。

 午前9時30分すぎ、友達の家に迎えに行きます。今年は「どんど焼き」と「消防出初式」と合同で行なわれ、混雑が予想された為徒歩で行くことに。
 午前10時、現地に到着するとまずまずの混雑振り。とりあえず受付けを済ませます。10kmの部スタートが午前11時40分なので時間は十分。
 合同で行なわれたため、今までのスタート地点が下流へ1kmほど下ったところに変更になってます。コースの下見をしていると、コース誘導しているおじさん(おじいさん?)がまったく役にたってない!声をかけられた(知り合いなのか?)おじさんと仲良く談笑♪何の為に誘導員として立ってるんだろうか?
 気分を切り替えてアップを始めます。上流はレースコースになっているので、下流に向け走り出します。ペースは6’00”/kmくらい。往復で2kmくらい走ると、膝が痛み出す~
 走るのを一旦止めてストレッチ。入念にやって少し軽減したかな?再度アップを始めると体が温まりはじめ準備完了!

 さて、いよいよ時間になりました。沿道で応援してくれるおじいさんがハーモニカで気分を和ませてくれます。

 スタートの号砲とともに、皆一斉にスタートします。スタート直後に車止めが邪魔をします。まだバラけてない状態でこれは結構辛い。それでも無事すり抜けて、ペースをつかみます。最初の1kmは4’16”。今の自分ではいっぱいいっぱいです。それでも2kmのスプリットは4’31”でまずますのペース。
 2.5kmで折り返し、スタート地点へ戻るコースでまだなんとかいいペース。まぁ、ここから徐々にペースが落ちるのですが・・・スタート地点にようやく戻りあと半分。いつも思うのですが10kmは長い~特にレースは息も足も限界まで使うから余計に思います。
 7.5km地点になるともう1kmあたり5’00”/km近くまでペースダウン。これも最近の傾向です。
 残りの2.5kmの長いこと。途中で棄権しようかと思うくらい。何人に抜かされただろうか?それでも何とか走り続け。残り500m。最後の最後で徐々に前のランナーに追いつきそう!世田谷通りのアンダーパスの下りを利用してさらにつめる!その後の上りで追いついた!残り200mで追い越すも追いつかれたランナーも必死に食らいついてくる!それでも最後の力を振り絞り引き離す!息絶え絶えでようやくゴール!
 最後1人だけ抜くことができて今回のレースは満足。それでも練習不足は否めないレースとなりました。

 最後はお決まりのとん汁!おいしくいただきました♪
a0157022_2337548.jpg


10.00km 47’46” 4’46”/km
[PR]
 本日は今年2度目(笑)のレースデー!今回は45分切りを目指す友達と参加。

 午前6時00分、まだ夜明け前に起きだし、娘を起こす。娘が是非一緒に行きたいと言った理由は友達の子供が来ることと、レース後のスイーツが食べられること!(自分のレースの応援はついでです)

 午前6時30分に友達の家を出発し、首都高~東北道経由の蓮田SAへ。事前情報によると首都高3号線大橋JCT周辺が既に混雑しているものの、大した渋滞ではないと予測し、首都高3号線に乗ります。予想どおりいきなり渋滞!とおもったら、用賀入口で大型トラックが事故ってた(汗)難なくやり過ごすと順調に大橋JCTまで行きます。その後も混雑しているところもありましたが、車が止まるほどの渋滞はなく、予想どおり午前8時に現地に到着。
 今回の良かった点は事前に駐車場が確保されているところ。通常は駐車場の確保のため早く現地に着くようにするなど工夫が必要ですが、今回はその必要もなく計画どおりに現地に到着です。

 駐車場に車を停め、ウォームアップを始めます。久しぶりのレースでちょっと興奮しつつ、体を温めます。ま、軽く2km程度ジョグしたりレースペースで走ってみたりと徐々に体と心をレース仕様に仕上げて行きます。

 今回は長時間待たされることもなく、あっという間にスタート時間の9時30分が迫ってきます。のこり10分。自分が並んだのは無謀にも45分切りゾーン。周りのランナーはいつもそうですが速そうに見えます。ガーミンのGPSもセットし、いよいよスタートです!

さて、久しぶりのレースは?
[PR]
 毎年恒例、ローカルレースです。
a0157022_1402675.jpg


 毎度のことながら対象が小学生・中学生なので、レース前に点呼したりするもんで、のんびりした大会です。
 で、計測もチップなんか使わないし、ゼッケンも未だに布!ま、参加費500円じゃこんなもんか。

 肝心のレース内容は今回地元の友達も参加するとあって、気合いは十分!アップも十分やって体はホットです。天気は思ったほど寒くなく、最高のコンディションでした。

 事前にスタート時間変更(20分遅れの11:40スタート)をキャッチしていたので、前年のこともありどうせまた遅れて12:00位にスタートじゃないの?って思っていたけど、10kmの部は点呼もなく、予定どおり11:40にスタート。今回は前回の課題が改善されてる!(ここの部分だけ)

 さて、いよいよスタートです。最初の1kmはかなり突っ込んだので4:09/km!おっとこんなに速く走れるんだ~なんて感心しながら次の1km。ちょっとペースを落として(というか落っこった)4:29/km。ここで体調に異変が!最初に突っ込みすぎた影響か胸が苦しくなってきた!これはヤバいと思い、さらにペースダウン 汗

 3km4:32/km・4km4:38/kmとペースを落として様子を見ながら走ります。5km折り返しで何とか復調。しかしすぐ後ろに友達が迫ってきた!

 なんとか頑張って7.5kmの折り返しまでくると、数秒差で友達の姿が!これでも一昨年の10km自己ベストより全然速いペースなのに!恐るべし我が友人

 いよいよ残り2km地点で追いつかれ、必死に後を追うも健闘空しく突き放されます。姿は見えるも追いつくどころか離されて行く!最後の200mでスパートかけようと必死でしたが、スパートもかけられず、しかもゴール直前で一人抜かされた 汗

 結局自己ベストは更新出来たものの、友達とは16秒差をつけられ惨敗。まだまだ練習がたりませんでした。

 ゴール後、毎年トン汁のサービスがあるのだけれど、今回はない!このサービスは是非続けていただきたかった。それからタイムの掲示が相変わらず遅い事。最後のランナーがゴールしてから1時間以上も待たされた。(ここは昨年と一緒。改善を求む!)
 最後は清々しい気分で帰宅したいのに、イライラ感だけが残ってしまいました。

 と、言いながら来年もまた出るんだろうなぁ。体育協会の役員さん!参加人数も年々増えていることだし、抜本的な改善を検討していただきたい!(計測チップを導入するとかさ)

 今回の参加賞は小菅村のお水。ま、これは毎年のお土産です。
a0157022_271699.jpg


10.00km 45:18 4:31/km
[PR]
 今年最後のレースデー!昨年は曇りで寒かったけど、今年は晴れ!でも風が強くて寒い 汗

 今回は2周の部に友達が出場するので、午前6時15分に友達の家に迎えに行った。さすがにその時間はまだ真っ暗。ま、レースの日は大抵こんなもんですけどね。
 今回は川崎ICから乗り、御殿場まで。昨年通った道だけど、御殿場からの道はあんまり覚えてない。病み上がりだったからかな?でもナビのおかげで間違えることなく無事に午前8時、富士スピードウェイに到着。
a0157022_7545143.jpg

 今回は昨年よりピットに近いP19に停車することができ、ある程度下準備をしてきたので、車内でおにぎりを食べたり少しゆっくりできた。
 午前9時になるのを見計らって、2周の部に出場する友達のアップや久しぶりのFSWを見てリラックス。トイレに行ったりしていたら、あっという間に2周の部スタートの10:00に。
a0157022_7564594.jpg

 久しぶりのレーススタートにちょっと興奮しながら、そろそろ自分もアップを始める。
 今年は夏~秋にかけてほとんど走れなかったので、足の筋力が心配だった。先週のハーフ練習でも、残り5kmでバテバテだったし、その後のヒザの痛みもあったし、今週は平日も走れなかった 汗
 富士マラソンフェスタのコースは平坦はホームストレートくらいで、あとはアップダウンの連続。やっぱり心配。
 さて、いよいよ11:00のスタートが近くなりました。今回は少し前の方に陣取って、スタートを待ちます。今回のスターターは千葉真子さん。相変わらず元気です。一生懸命何かアナウンスしていますが、風の影響か良く聞き取れません。きっとレースをする上での注意点などを話しているのでしょう。
 いよいよ11:00のスタート!最初は直線を約1km走り、その後一気に下ります。ここでは4’15”/km前後で走ります。でも足の負担が大きいこと!最初の1周は途中折り返しで3.5kmのコース。当然一旦下っているからスタート地点まで行くには上らなければなりません。最初の1周はアップのつもりだけど、一気に上るのはやっぱりつらい!
 なんとか上ってスタート地点までくると、いよいよここからが本番です。のこり4周。まず2周目は足の疲労も蓄積されていないので、順調に走ります。下りも一気に下り、その流れでコカコーラコーナー~100Rまで走ります。この先のアドバンスコーナーまでは少しの上りだけど、まだまだ余力はあります。その後の給水ポイントでスポーツドリンクを飲んで、いよいよ過酷な上りが始まります。
 1回目は順調に上ることはできたものの、最後のパナソニックコーナーでは心拍数が最大値を超えて呼吸が苦しくなります。昨年始めて走ったときは正直、こんなもんかと思ったけど、今回は最初から「こんなに長くてきつかったっけ?」って思ってしまった。←トレーニング不足がモロに影響してますね。
 ようやくスタート地点に戻ってきたけど、まだまだ残り3周。序々に足の疲労が蓄積されて、ペースが落ちてきます。昨年はまだまだ余力があったけど今回は早くも疲れが見え始めた。2回目の上りは極端にペースが落ちて5’15”/kmペース。その後もあまりペースは上がらず4周目へ。
 4周目はペースアップを狙うものの、やっぱり練習不足が影響してちっともペースは上がりません。ペースは上がるどころが下がる一方。最後の上りは歩いているのか走っているのか分からない位遅い 笑
 最終周はすでに無我の境地!?もう、なるようになれ!って感じでひたすら足を前に出します。ダンロップコーナーからの上りは相変わらず抜かれっぱなし 笑 それでも何とか上りきり後はゴールに向けたストレートのみ。しかしこのストレートが長い!ヘロヘロになりながら何とかゴール。
 結果的には昨年4より分以上遅かったけど、なんとか完走できて良かったです。昨年もそうだったけここのレースにはいつも撃沈させられます。来年こそ!やられたらやり返す。倍返しだ!

21.0975km 1:49’55” 5'12"/km

またしても最低記録更新・・・ 来年はもっと走るぞ!

 レース後のお楽しみ♪とん汁の無料配布!今年は結構多めに作っていたようで、2杯戴いちゃいました。
a0157022_8481642.jpg
 
それから、今年もいました千葉真子さん!
a0157022_965915.jpg


最後に出場したランナーたち。
a0157022_99265.jpg

[PR]
 午前7時、新宿の都庁に向け出発。マラソン大会でこんなに遅く出られるのは近いお陰ですね。しかもこんなビッグレース。
 当初の予定では7時30頃に新宿に着いて、ウォーミングアップがてらジョグしながら都庁に向かえばいいな、なんて考えていたけど、思いのほか準備に手間どい7時20分の電車に。駅に着くとランナーらしき人が待っている。次の駅も、止まる度ランナーが増えて行く。。。結局、7:20分の電車で丁度良かったのかな?

 新宿駅に着くとランナーで溢れていた。
a0157022_1410770.jpg


 トイレを先に済ませておこうと、トイレに立ち寄ると、既に行列。ま、レースとなるといつものことだけど、こればっかりは何とかならないかと思ってしまう。

 都庁方面へ徒歩で移動していると、工学院大学の一部を開放してくれていて、そこで一通りの準備をさせてもらいました。ある程度は自宅で準備をしてきたから、外でもいいか、なんて考えていたけどやっぱり冬の寒さは堪えます。新宿区全体が東京マラソンに協力してくれることに感謝。
 今回の格好は長袖Tシャツの上に半袖Tシャツを重ね着して、機能性タイツに短パン。ちょっと寒いかも、と思ったけどいつもの「何とかなる」精神で(笑)
 都庁に着くと、ゼッケンの確認と預ける荷物の検査を受け、荷物をビッグサイトまで運んでくれるトラックへ。事前情報によると1台あたり1,000個の荷物を運ぶそうで、トラックをチャーターするだけでも大変だろうと関心しますね。
a0157022_14264999.jpg

預けるのもスムーズ。東京マラソンのよく考えられた一場面です。

 さて、荷物も預け自分は「G」グループに整列するのだけれど、終わりが確か「K」まであったかな?結構細かく分かれているんだね。東京都庁周辺に3万6千人が集まるのだから、運営側は大変ですね。でも、ビッグレースでよく見かける、係員に怒鳴っているオジサンがいないこと。これはちょっとウレシイ。

 8時40分頃には既にスタート地点に集められ、寒さの中只管待ちます。今回は携帯電話を持っていたので、ぢゅんさんやマサトッチに「泣きそうなほど感動するぅ~」と今の心境を伝えてみました。
a0157022_15142415.jpg


 8時50分からは国歌斉唱、都知事の挨拶、千葉県、神奈川県知事の挨拶があり、当然姿は見えないけど後方の選手にも聞こえるようにスピーカーが用意されていて来賓の挨拶もしっかり聞くことが出来た。
 9時には車イス選手のスタート。マラソンは9時10分。号砲はもっと迫力のあるものだと思っていたら、ちょっとショボかった(笑)そのかわり空砲がスタートの合図を知らせてくれました。

 いよいよスタート。号砲から約10分、ようやくスタートラインを通過することができ「これからどんなレースが待っているのか」楽しみだった。最初の10kmまではウォーミングアップのつもりでスローペースで行こうと決めていたし、実際ランナーが多すぎて自分のペースでは走れない。最初の1kmは6’15”/km。その後徐々にペースを上げていけばいいかと思っていたけど、沿道の応援がものすごく励みになり、沿道の人々とハイタッチを繰り返していたらペースは上がらなかった(笑)
 靖国通りから飯田橋、皇居へと走り、日比谷公園で10kmの部とはお別れ。ここからマラソンの旅が始まります。
 ・・・と思っていたら、朝水分を沢山摂ったせいか、トイレに(笑)ここで約5分ロスをしたけど、この半分休憩が後半よかったのかな?最後までイーブンペースで走れました。
 日比谷公園からは品川にむけ、一旦南下します。事前に(自動車で)下見をした感覚では、この南に下って上るのは相当な距離があった感じがしていたが、実際走ってみるとあっと言う間に過ぎました。(でも10kmはあるんだな)
 時折強風にやられながらも黙々と、いや沿道の応援の人々と一緒に楽しみながら、今度は銀座、浅草方面へ北上して行きます。ここで中間地点をすぎ、以前マラソンで経験した25kmの壁、30kmの壁の恐怖がよみがえります。でも、どうでしょう?25kmを過ぎても足は全く疲労感はありません。10km毎にショッツを摂取してるから?沿道の応援が途切れないから?色々な要因が重なっていると思いますが、とにかく今回、自分の足は良く頑張ってくれました。
 浅草を折り返し、30km地点を過ぎる頃には徐々に足に疲労感があるものの、まだまだ大丈夫。2度目の銀座をすぎ、築地が見えてくると、あと7kmです。ここから、川を越える橋がいつくか待ちうけていて、勢いよく上ると呼吸ができない!上りきる少し前ではほぼ歩いているのと同じ歩幅しか進めない(汗)
 沿道で「のこり5km!」とか「1km先に給水所があるよ!」とか励ましの声をかけてくれるのを頼もしく思いながら動かなくなってきた足に撃を飛ばします。40km地点で最後の給水があるのですが、この地点に給水ポイントがあるのは大変うれしい。残り2kmが素人ランナーにとってどれほど辛いか。
 この時点で時計は3:58を過ぎていたから、サブフォーはあきらめてしまったけど、今回とにかくうれしかったのは足がつることもなく完走できたこと。前3回のマラソンでは30km過ぎから足がつり始め走るどころか歩くのもままならなかったけど、今回はそれがない!最後まで走り続けられたことが一番うれしかったですね。
 最後臨海線を越える跨線橋を渡り、ビッグサイトのゴール地点へ。のこり195mで手もとの時計では4:09’00”。ラストスパートをかけるも思うように足が動かず、フィニッシュは4:10’11”。サブフォーにも4時間1ケタ台にも11秒及ばなかったものの自己ベスト更新!
a0157022_15134658.jpg


 ホノルルマラソンもすごいと思ったけど、東京マラソンもすごい!とにかく沿道の応援が全く切れない。ランナーが手を出せば次々と沿道から手が出てくる(笑)人間関係が希薄になった日本人もまだまだ見捨てたものじゃない!って感じさせてくれるレースでした。
 是非また参加したい大会と心から思わせてくれる大会でした。
[PR]
 疲れ果て、このブログを更新するのもやっとなので、とりあえず完走報告です。

 速報値で4:10:12、完走しました!詳しくは後日報告する予定ですが、5km毎のスプリットタイムがアップされていたので、掲載いたします。

 4時間って長いようで、振り返ると短い、複雑な心境ですね。中間地点で応援してくれている人が「残りあと半分で終わっちゃうよ!今のうちに楽しまないと!」っていう言葉を聞いて、「あ、そうだよな。辛い4時間じゃなく、あと半分でゴール(終わり)なんだな。」と思ったら、急に感無量な気分になりました。言うまでもなく、残りの半分は辛かったけど、(特に残り3km)東京の古今東西を見て回ることが出来てホントにすごい大会です!

 それから沿道で応援してくれる人々が本当に切れない!どれだけパワーをもらったことか。

地点名    スプリット (ネットタイム)      ラップ   通過時間   
 5km     00:40:10 (0:29:42)    0:29:42  09:50:10
10km     01:09:09 (0:58:41)    0:28:59  10:19:09
15km     01:40:14 (1:29:46)    0:31:05  10:50:14
20km     02:08:56 (1:58:28)    0:28:42  11:18:56
25km     02:37:27 (2:26:59)    0:28:31  11:47:27
30km     03:06:12 (2:55:44)    0:28:45  12:16:12
35km     03:35:32 (3:25:04)    0:29:20  12:45:32
40km     04:06:48 (3:56:20)    0:31:16  13:16:48
Finish     04:20:40 (4:10:12)    0:13:52  13:30:40

 この続きはまた、後日。。。
a0157022_17521149.jpg

[PR]
 東京マラソン2013、いよいよ明日です!

 今日はゼッケンを受け取りにビックサイトまで電車にゆられながら行ってきました。

 午前11時から引き換え開始のため、11時少し前に着くように出発したが、開始前にも関わらず、どんどん入っていく!?待たせても何のメリットもないから入れてるのかな?
 さくさくボランティアの方が処理をしてくれて、あっという間にゼッケンを受取り、Tシャツもすんなりもらえました。

 ホノルルマラソンの時もそうだったけど、ボランティアの力はすごい!明日のスタート前の荷物預けとゴール後の受取りも期待できますね。

 明日は予想していた風も納まってくれるみたいだし、あとは自分がいかに楽しむか!普段走れない道を走り、沿道で応援してくれるみなさんからパワーをもらって完走目指したいと思います。

 最後に、セイコーのブースでこんなのやってました。

東京マラソン宣言
[PR]
 9月に当選メールをもらってから、「本当に当たったんだろうか?」と半信半疑だったけど、本当に当たったみたい。先日、案内の封書が来ました。
a0157022_2332035.jpg


 まあ、普通の封筒ですな。事前にゼッケンの受取りやその他参加するに当たっての注意事項等ネットで調べていたら、ゼッケンの引き換えはレース当日は受付けず、レース前3日から前日までの3日間、ビックサイトに来て引き換えろと・・・しかも身分証明書も提示せよ、とのことである。
a0157022_2313353.jpg


 これだけビッグレースになると当日受付は当然しないとしても、事前にゼッケンを引換えろとは、地方からの参加者は結構大変だな。

 東京マラソンHPのQ&Aで遠方の方から「前日まで仕事でゼッケンの受取りにいけませんが、代理で受取りは可能ですか?」の質問に対して、「代理の方の受取りは認めておりません。」と非情な回答・・・

 代理出走だとか、替え玉ランナーの防止だとか・・・いろいろな理由からゼッケンの引換えも厳重らしいけど、結局ゼッケン換えた後に誰かに渡したら・・・一緒じゃね?
 花のトーキョーで開催する大会なんだから、その辺はもっと寛大になってもいいんじゃね!?入賞狙っているランナーは顔も知れてるし代理なんてありえないんだから。
[PR]