東京マラソン2013

 午前7時、新宿の都庁に向け出発。マラソン大会でこんなに遅く出られるのは近いお陰ですね。しかもこんなビッグレース。
 当初の予定では7時30頃に新宿に着いて、ウォーミングアップがてらジョグしながら都庁に向かえばいいな、なんて考えていたけど、思いのほか準備に手間どい7時20分の電車に。駅に着くとランナーらしき人が待っている。次の駅も、止まる度ランナーが増えて行く。。。結局、7:20分の電車で丁度良かったのかな?

 新宿駅に着くとランナーで溢れていた。
a0157022_1410770.jpg


 トイレを先に済ませておこうと、トイレに立ち寄ると、既に行列。ま、レースとなるといつものことだけど、こればっかりは何とかならないかと思ってしまう。

 都庁方面へ徒歩で移動していると、工学院大学の一部を開放してくれていて、そこで一通りの準備をさせてもらいました。ある程度は自宅で準備をしてきたから、外でもいいか、なんて考えていたけどやっぱり冬の寒さは堪えます。新宿区全体が東京マラソンに協力してくれることに感謝。
 今回の格好は長袖Tシャツの上に半袖Tシャツを重ね着して、機能性タイツに短パン。ちょっと寒いかも、と思ったけどいつもの「何とかなる」精神で(笑)
 都庁に着くと、ゼッケンの確認と預ける荷物の検査を受け、荷物をビッグサイトまで運んでくれるトラックへ。事前情報によると1台あたり1,000個の荷物を運ぶそうで、トラックをチャーターするだけでも大変だろうと関心しますね。
a0157022_14264999.jpg

預けるのもスムーズ。東京マラソンのよく考えられた一場面です。

 さて、荷物も預け自分は「G」グループに整列するのだけれど、終わりが確か「K」まであったかな?結構細かく分かれているんだね。東京都庁周辺に3万6千人が集まるのだから、運営側は大変ですね。でも、ビッグレースでよく見かける、係員に怒鳴っているオジサンがいないこと。これはちょっとウレシイ。

 8時40分頃には既にスタート地点に集められ、寒さの中只管待ちます。今回は携帯電話を持っていたので、ぢゅんさんやマサトッチに「泣きそうなほど感動するぅ~」と今の心境を伝えてみました。
a0157022_15142415.jpg


 8時50分からは国歌斉唱、都知事の挨拶、千葉県、神奈川県知事の挨拶があり、当然姿は見えないけど後方の選手にも聞こえるようにスピーカーが用意されていて来賓の挨拶もしっかり聞くことが出来た。
 9時には車イス選手のスタート。マラソンは9時10分。号砲はもっと迫力のあるものだと思っていたら、ちょっとショボかった(笑)そのかわり空砲がスタートの合図を知らせてくれました。

 いよいよスタート。号砲から約10分、ようやくスタートラインを通過することができ「これからどんなレースが待っているのか」楽しみだった。最初の10kmまではウォーミングアップのつもりでスローペースで行こうと決めていたし、実際ランナーが多すぎて自分のペースでは走れない。最初の1kmは6’15”/km。その後徐々にペースを上げていけばいいかと思っていたけど、沿道の応援がものすごく励みになり、沿道の人々とハイタッチを繰り返していたらペースは上がらなかった(笑)
 靖国通りから飯田橋、皇居へと走り、日比谷公園で10kmの部とはお別れ。ここからマラソンの旅が始まります。
 ・・・と思っていたら、朝水分を沢山摂ったせいか、トイレに(笑)ここで約5分ロスをしたけど、この半分休憩が後半よかったのかな?最後までイーブンペースで走れました。
 日比谷公園からは品川にむけ、一旦南下します。事前に(自動車で)下見をした感覚では、この南に下って上るのは相当な距離があった感じがしていたが、実際走ってみるとあっと言う間に過ぎました。(でも10kmはあるんだな)
 時折強風にやられながらも黙々と、いや沿道の応援の人々と一緒に楽しみながら、今度は銀座、浅草方面へ北上して行きます。ここで中間地点をすぎ、以前マラソンで経験した25kmの壁、30kmの壁の恐怖がよみがえります。でも、どうでしょう?25kmを過ぎても足は全く疲労感はありません。10km毎にショッツを摂取してるから?沿道の応援が途切れないから?色々な要因が重なっていると思いますが、とにかく今回、自分の足は良く頑張ってくれました。
 浅草を折り返し、30km地点を過ぎる頃には徐々に足に疲労感があるものの、まだまだ大丈夫。2度目の銀座をすぎ、築地が見えてくると、あと7kmです。ここから、川を越える橋がいつくか待ちうけていて、勢いよく上ると呼吸ができない!上りきる少し前ではほぼ歩いているのと同じ歩幅しか進めない(汗)
 沿道で「のこり5km!」とか「1km先に給水所があるよ!」とか励ましの声をかけてくれるのを頼もしく思いながら動かなくなってきた足に撃を飛ばします。40km地点で最後の給水があるのですが、この地点に給水ポイントがあるのは大変うれしい。残り2kmが素人ランナーにとってどれほど辛いか。
 この時点で時計は3:58を過ぎていたから、サブフォーはあきらめてしまったけど、今回とにかくうれしかったのは足がつることもなく完走できたこと。前3回のマラソンでは30km過ぎから足がつり始め走るどころか歩くのもままならなかったけど、今回はそれがない!最後まで走り続けられたことが一番うれしかったですね。
 最後臨海線を越える跨線橋を渡り、ビッグサイトのゴール地点へ。のこり195mで手もとの時計では4:09’00”。ラストスパートをかけるも思うように足が動かず、フィニッシュは4:10’11”。サブフォーにも4時間1ケタ台にも11秒及ばなかったものの自己ベスト更新!
a0157022_15134658.jpg


 ホノルルマラソンもすごいと思ったけど、東京マラソンもすごい!とにかく沿道の応援が全く切れない。ランナーが手を出せば次々と沿道から手が出てくる(笑)人間関係が希薄になった日本人もまだまだ見捨てたものじゃない!って感じさせてくれるレースでした。
 是非また参加したい大会と心から思わせてくれる大会でした。
[PR]
by 7k3oaf | 2013-02-25 15:18 | レース | Comments(2)
Commented by hisayuki320 at 2013-02-27 10:56
完走・自己ベストおめでとう!
仕事でなかなか練習できなかったみたいだけど、良かったねぇ!!
Commented by 7k3oaf at 2013-02-28 06:47
ヒサユキさん>
ありがとうございます!今回の大会で自己ベスト更新出来たのは、沿道の応援がものすごい力になりました。
マラソンって孤独なもので、自分ひとりが頑張るものだと思っていましたが、まわりの人々の応援があって自分ががんばれるのだとつくづく感じました。
東京マラソン、また出たい!