人気ブログランキング |

第14回湘南国際マラソン

 昨年、ベストタイムを出した大会、湘南国際マラソン。今年は3週間前の横浜マラソンに続き2度目。湘南国際マラソンは今回で5度目なので、勝手は分かっています。
 朝、3時30分に起床し、5時過ぎの始発に乗る。約1時間半電車に揺られ大磯駅へ。シャトルバスに乗って大磯ロングビーチにつくと、去年から?実施されている一方通行に従って会場入りします。
 さすがに大きな大会なので人がごった返していて、着替えるもの、荷物を預けるのも一苦労。荷物を預け終わったのは午前8時過ぎ。整列までに余裕が持てるのは良いですね。
 さて、スタート地点までは集団で徒歩移動です。今回はCブロック。結構前の方なので、移動はスムーズで楽ちんでした。ただ、ここで最後のトイレによっておけば良かったと、後悔することになります。
 午前9時、号砲が鳴ると徐々に動き始めます。号砲から約4分、遂に湘南国際マラソンスタートです!初めはやはり混雑しているので、思うように走れない。ここは我慢して集団のペースに合わせます。自分はいつも沿道側を走行するので応援してくれる人々から直接声援をもらえます。3km、4kmと経過していくうちに、足裏に違和感と、足全体が重い感覚に。このペースは決して早いペースではないのに、今からこの状況では先が不安です。
 それでも、走り方を少し変えたりして、気分を紛らわせ10kmを通過します。まだまだ先は長いです。前回の横浜より長く感じました。15km過ぎ、いつも沿道で応援してくれるカミさん発見!まだ余裕はあるので手を振り返します。18km地点では江の島の第一折り返し場所。いつもより長く感じるのは痛みや違和感があるからか?最近はガーミンが必ずポスト手前でラップを知らせるブザーがなるので、実際にはもう少し走らないと実際のキロポストに到着しないことも原因の一つかもしれませんね。最後には300m位先まで走らないとゴールできませんからね。これは結構キツイですよ。
 20km手前で反対側に移動していたカミさんを危うく素通りするところでしたが、大声を出してくれたので何とか気づくことが出来ました。その先の中間地点で持参した補給食を摂取します。今回も3本もって走り始めましたが、1本なくなるだけで、腰が軽くなるのが分かります。1本数十グラムなのに人の体の神経はすごいですね。とりあえずカロリーは摂取できたので、また頑張ろう!と思い走り始めます。でも、この時点でも足は結構来てます。去年はまだまだ元気だった気がしますが、なんとか粘っていました。25km、30kmを過ぎると、今年はあと何キロしかない!と思うようにするのと、走りながら体勢を変えて楽な恰好を見つけながら走りました。お陰で終盤も歩くことなく走り続けることが出来ました。
 37km、残り5kmでゴールの大磯ロングビーチを通過します。ここはいつ出場してもそのままゴールしたい心境にかられます。その気持ちを抑えて第二折り返しの二宮に向かいます。この時は既にどこが痛いのか、苦しいのか、わからない状態で走っています。でも、最後までゴールするんだ、絶対歩かない!という意思でしか足を動かしていなかった気がします。実際、周りの人は止まってストレッチをする人、歩く人色々いますが、それでもみんなゴールを目指して走っている。今年も絶対サブ4するんだ!と気力で走りました。高速を降りる頃、残り数百メートルなのに、突然意識が朦朧とし始め、これはヤバいと感じながらなんとか体勢を立て直し、最後の激坂!今回は1人2人は抜けたかな?程度で、体力の限界を感じつづゴーーーール!
 毎回、足はとっくに限界を超え、気力だけで走るマラソンはやっぱり辛い。もっと練習してもう少し楽に走れるように精進したいと思います。
 結果、グロスで4:00:33。ネットで3:55:48。今回もサブ4は達成しましたが、納得のいくレースではなかったです。なぜなら、冒頭で書いたように、出走前にトイレに行かなかったことでやはり途中でトイレによる羽目になり、そこでのロスタイムがグロスでのサブ4に影響したのではないかと思っています。
 後悔先に立たず。正に言葉通りですね。次回は来年になると思いますが、万全に態勢を整えて次こそ!サブ345目指して頑張ります!

42.195km 3°55'48" 5'35"/km
a0157022_06175017.png

by 7k3oaf | 2019-12-01 18:32 | レース | Comments(0)